» Wordpressテンプレートについてのブログ記事

wapuu

 

ブログやWEBサイトを作るときに、無料ブログではなく独自ドメインで作る場合には、
何で作るのかということで悩む方もいらっしゃると思います。

一般的なのは、「WordPress」によるブログ、「MovableType」によるブログ、
「シリウスやホームページビルダー」で作るHTMLサイト、などから選ぶことになります。
この記事ではそれぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

 

1.WordPress

 

一番手軽で王道なのがWordPressです。
WordPressは、独自ドメインのWEBサイトをブログのような形式で作成、更新ができるCMSです。

最近ではレンタルサーバーでも、(特に国内のものは)ほとんどがWordPressの
自動インストールに対応しているため、
FTP等で自分で設定する必要もなく簡単です。

 

見栄えはやはりHTMLサイトには劣りますが、
更新が頻繁に求められるようなブログ形式のサイトでは
WordPressのようなブログ形式のほうがいいです。

(HTMLサイトで作ったホームページは、
例えば毎日とか、頻繁な更新にはあまり向いていないです)

 

一方でWordPressサイトのデメリットとしては、
まずHTMLサイトに比べて、複雑なカスタマイズやサイト作りが難しい、
読み込みが重くなる、などの問題があります。

またWordPressの場合は、ページのリクエストがあるたびに
PHPを使ってデータベースより動的なページを生成しますので、
静的なHTMLページに比べてSEOに弱い、という話もあります。

 

 

2.HTMLサイト

次に代表的なのが「HTMLサイト」を使ってWEBサイトを作る方法です。
例えばアフィリエイトなどのジャンルではシリウスというHTMLサイト作成ツールが定番で有名です。

 
sirius_package02

 

HTMLサイトの場合は、WordPressのようなブログに比べて
多少のスキルが必要なので、全くの初心者にとってはハードルが高い、というのがあります。

※できればCSS、最低でもHTMLのタグくらいはマスターしておきたいところです。

 
また先ほどのWordPressの説明の裏返しでもありますが、
更新頻度の多いサイト、(ユーザーが毎日、更新記事があることを期待するようなサイト)
の場合は、HTMLサイトと言うのは不向きです。

どちらかというと、例えば専門性の高い解説サイトのような
一度作ったコンテンツが長く生きるサイトの場合は、ブログのほうが楽です。

 

一方で、メリットとしては見栄えがいい、
静的ページのためSEO対策に若干強い、などが挙げられます。

また決まったコンテンツが先にあって
更新する必要のないサイトの場合はブログよりHTMLサイトのほうが
ユーザービリティが高い、ということもあります。

 

 

aa0001120

 
WordPressにはデフォルトで最初から、無料で使えるブログテンプレートが登録されていますし、WordPress内部の「テーマのインストール」でも様々なバリエーションのブログテンプレートが利用/選択できます。

では一体なぜ、わざわざ外部サイトのブログテンプレートや、あるいは有料のブログテンプレートを使う必要があるのでしょうか。ここではその理由をまず確認していきます。

 

1.デザイン性

まずWordPressにあらかじめ登録されているテンプレートは、正直かなりデザイン的にも安っぽくてダサいものが多いです。 これはまず1つの原因としては、WordPressに内蔵されているブログテンプレートはほとんど海外で作られているからです。

これは海外のテンプレートは綺麗じゃない、という意味ではなく、日本語で日本人向けに作られた「見やすい綺麗なサイト」と、海外(英語圏など)で流行している「かっこいいデザインのサイト」は、価値観やテイストが全く違う、ということです。

日本には、日本で流行っていて見やすいとされているデザインがあるので、海外のテンプレートを下手に適用すると、なんだかどことなく見にくいサイト、という印象を受けてしまうことがあります。

またフォント1つをとっても、海外で作られたテンプレートは、そもそも日本語で文章が書かれることを想定していないため、見出しなどの文字サイズがめちゃくちゃだったり、どうみても読みにくいフォントが適用されていたりします。(まあ、これは自分でCSSで変更できればそうしてもいいわけですが)

 

2.SEO対策

わざわざ外部サイトで公開されているテンプレートを使ったほうがいいもう1つの理由は、それらのテンプレートがSEO対策に強い、という面があるからです。SEO対策とは、要はGoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果で、上位表示されやすい、ということです。

よく「SEO対策済テンプレート」のように言われているものもありますが、ああいったテンプレートは、ソースの仕組みがシンプルで読みやすく、またW3Cなどの基準を準拠したテンプレートであるため、Googleからも評価されやすい、という要因があります。

また内部のライブラリにあるテンプレートは、「選別眼」も問われるので初心者には難しいです。もちろんなかには素晴らしいテンプレートもありますが、一方で、得体のしれないテンプレートを選ぶとわけのわからない外部リンク(発リンク)がたくさん入っていたり、変なプラグインが入っていたりします。

これはSEO対策上もよくないですし、もっといえばセキュリティの脆弱性にも影響してきます(そもそもWordPressはハッキングされやすいので)ので、変なテンプレートはくれぐれも適用しないように注意したほうがいいでしょう。

 

3.カスタマイズ性/アレンジ性

最後には、こうした優れたテンプレートは初心者でも容易にカスタマイズしやすい、ということがあります。
HTMLやCSSがわからなくても、ヘッダー画像やメインイメージを簡単に変更できたりだとか、グローバルメニューに表示できる項目をカスタマイズできたりだとか、
有料テンプレートのレベルになると、ページごとにカラム数を変更できたり、インデックスさせるかどうかを設定できたり、あらかじめ豊富なCSSが容易されていて、
クラスを指定するだけで簡単に文字装飾やテキストボックスが作成できたりします。