wapuu

 

ブログやWEBサイトを作るときに、無料ブログではなく独自ドメインで作る場合には、
何で作るのかということで悩む方もいらっしゃると思います。

一般的なのは、「WordPress」によるブログ、「MovableType」によるブログ、
「シリウスやホームページビルダー」で作るHTMLサイト、などから選ぶことになります。
この記事ではそれぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

 

1.WordPress

 

一番手軽で王道なのがWordPressです。
WordPressは、独自ドメインのWEBサイトをブログのような形式で作成、更新ができるCMSです。

最近ではレンタルサーバーでも、(特に国内のものは)ほとんどがWordPressの
自動インストールに対応しているため、
FTP等で自分で設定する必要もなく簡単です。

 

見栄えはやはりHTMLサイトには劣りますが、
更新が頻繁に求められるようなブログ形式のサイトでは
WordPressのようなブログ形式のほうがいいです。

(HTMLサイトで作ったホームページは、
例えば毎日とか、頻繁な更新にはあまり向いていないです)

 

一方でWordPressサイトのデメリットとしては、
まずHTMLサイトに比べて、複雑なカスタマイズやサイト作りが難しい、
読み込みが重くなる、などの問題があります。

またWordPressの場合は、ページのリクエストがあるたびに
PHPを使ってデータベースより動的なページを生成しますので、
静的なHTMLページに比べてSEOに弱い、という話もあります。

 

 

2.HTMLサイト

次に代表的なのが「HTMLサイト」を使ってWEBサイトを作る方法です。
例えばアフィリエイトなどのジャンルではシリウスというHTMLサイト作成ツールが定番で有名です。

 
sirius_package02

 

HTMLサイトの場合は、WordPressのようなブログに比べて
多少のスキルが必要なので、全くの初心者にとってはハードルが高い、というのがあります。

※できればCSS、最低でもHTMLのタグくらいはマスターしておきたいところです。

 
また先ほどのWordPressの説明の裏返しでもありますが、
更新頻度の多いサイト、(ユーザーが毎日、更新記事があることを期待するようなサイト)
の場合は、HTMLサイトと言うのは不向きです。

どちらかというと、例えば専門性の高い解説サイトのような
一度作ったコンテンツが長く生きるサイトの場合は、ブログのほうが楽です。

 

一方で、メリットとしては見栄えがいい、
静的ページのためSEO対策に若干強い、などが挙げられます。

また決まったコンテンツが先にあって
更新する必要のないサイトの場合はブログよりHTMLサイトのほうが
ユーザービリティが高い、ということもあります。